2月「内観③」

こんにちは!ライフコーチ 神成 祐美です。
新型肺炎、あっという間に感染拡大しましたね。
マスクは売り切れ、私の家の近所の薬局では除菌ウエットティッシュは「各家庭1個まで」と購入制限かかっていました💦
マスクもウエットティッシュも買い置きがあるので、まあいいか、、、と眺めております。
新型インフルエンザの時もそうでしたよね。あれは2009年のことでしたから、早10年。
今回の肺炎も「飛沫感染」と予想されていますので、
手洗いうがいを励行すればある程度防げるし、自分の免疫力を上げておくことで、
万が一罹患しても、重篤な状態にはならないと思うので、変に怖がらずしっかりと対策をしておくことですね。
なってしまった方は大変お気の毒ですが、どのような病気であれなる人、ならない人がいる中で、
自分が今できることをやるしかないと思っています!
早く事態が終息することを願いつつ、今日も元気に行きたいと思います。

今日は「内観 ③」です。

1回目、2回目で「潜在意識」「瞑想」というキーワードがでてきました。
潜在意識には過去の経験が蓄積されています。
そして、過去の経験から今の思考や感情が作られています。
例えば、学生時代に〇〇先生というすごい怖い先生がいたとしたら、同じ〇〇さんの名字を聞くと、何となく苦手意識を持ってしまうとか。
子どものころに親に「お前はダメだ」「どうせできない」「飽きっぽい」など、
何度も同じことを言われ続けていると、「自分はダメな人間だ」「私にはどうせできない」「私は昔から飽きっぽいから」と思い込んでしまう。
「子供の頃の記憶や感情」のことをインナーチャイルドと呼びます
主にネガティブな記憶や、それに伴う感情(親に怒られた、友達にいじめられた、さみしかった、辛かった、孤独を感じた等)が中心です。
過去の経験から、自分に自信がない、不安がある方はこのインナーチャイルドを癒すことをお勧めします。

過去の経験を振り返り、大人になって第三者の目で見たら、相手の気持ちも少しわかるし、自分は別に悪くなかったんだ!を気づくこともあります。

☆内観の方法 ②
過去の悲しかった出来事、辛かった出来事などを思いつくまま書き出してみましょう。
その時の自分の感情や、言われて傷ついた言葉など。
辛い場合は休み休み進めるのがいいでしょう。
泣いたり怒ったり、自分の感情を抑圧せずに出すことがポイントです。
すべて出し切れたら、次のステップに進むことができるでしょう。

次回は「内観 ④」です。お楽しみに☆彡

内観① https://kannari-yumi.com/archives/258

 

コメントする