2月「内観⑩」免疫力

こんにちは。ライフコーチ 神成 祐美です。
今日の横浜は強風です。春一番かも?ですね。
黄砂が飛来するとか、花粉症がひどいとか、コロナウィルスとか。
マスクが必要な時期なのに、マスクが品切れという💦
先日、「電車の中でマスクをしないで咳をしている人がいる」ということで非常ボタンが押されて、
電車が遅延したとニュースになっていました。
コロナウィルスの広がり方を見ていると他人事ではないですね。
手洗い、うがいをしっかりして予防しましょう。

さて、今日は「内観⑩」免疫力です。
「免疫」という言葉はよく聞くと思いますが、自分の免疫力がどうなのか?
考えた事ありますか?
例えば、家族がインフルエンザに罹りました。家族全員が順番にインフルエンザになりました。
というご家庭と、ひとりだけで他の家族には移らなかった。というご家庭もあります。
また、毎年インフルエンザなる方もいれば、1度もなったことがない方もいます。
これ、すべて免疫力が高い人か低い人かによります。
よく風邪をひく人は免疫力の低い人と言われています。
さて、あなたはどうでしょうか?

人間にはホメオスタシスという力があり、内部環境を快適な一定に保つ仕組みが備わっています。
恒常性維持や自然治癒力などと言われます。
血圧や血糖値、脈拍など運動や食事で上がったりしますが、ある一定の範囲内に保たれています。
この一定の範囲からはずれると「高血圧」「糖尿病」と病名がつくわけですね。
通常、軽い風邪やちょっとした傷などは何もしなくても自然に治ります。
このホメオスタシスを支える3つのシステムが「自律神経系」免疫系「内分泌系(ホルモン)」です。
ここでやっと「免疫」がでてきました!
「免疫」は、何らかの理由で体内に病原菌など異物が侵入してきた時に排除しようとする仕組みです。
免疫システムが異物と戦っている時に、発熱やリンパ節の腫れなどが起こり、
異物に勝つことで熱や腫れが引くという事ですね!
免疫システムは15歳ぐらいで完成し、20歳を過ぎると低下していくそうです。

免疫力が低くなりやすい人の特徴
・睡眠不足
・ストレスが多い人
・栄養が偏りがちな人
・生活時間が不規則な人
・激しい運動をする人
・体温が低い人(36度以下)ちなみに、低体温は35,5度ぐらいだそうです。

多く当てはまる方は要注意です!!!
自分の身体や心の状態、生活習慣を見直す。これとても大切です。
行動を変えれば、思考と感情が変わる。そして、自分の人生、未来が変わります。

次回、内観⑪では免疫力を高めるためのお話をします。
お楽しみに☆

行動が変われば思考と感情が変わる。
思考が変われば人生が変わる。

そんな人生の仕組みを理解したいと思いませんか?
ライフコーチ 神成 祐美はそんなあなたのサポートをさせていただきます。
まずはラインでお友達になってね。

コメントする